スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<民主党>枝野幹事長に党内から異論(毎日新聞)

2010.06.11.01:27

 ◇「非小沢」新トロイカ模索

【明快図説】親小沢・非小沢の党内勢力

 民主党の新代表に選出された菅直人前副総理兼財務相(63)は4日、衆参両院本会議で、第94代首相に指名された。菅首相は党役員・閣僚人事に着手。菅氏周辺によると、後任の財務相に野田佳彦前副財務相の昇格を検討。官房長官には仙谷由人前国家戦略担当相が固まった。党幹事長には枝野幸男前行政刷新担当相を起用する意向だが、党内には異論があり、調整を続けている。また、荒井聡前首相補佐官(64)の入閣が有力になった。菅氏は7日に党人事、8日に組閣を行う方針で、菅内閣は同日中に発足する見通しだ。【竹島一登】

 鳩山由紀夫前代表、小沢一郎前幹事長とのトロイカ体制。「野党の時代にはそういう表現があったが、政権に入ってからはあまりなかった」。4日夕の記者会見で菅直人首相は、06年の小沢氏の民主党代表就任以来、党運営、政権運営の基軸となってきた3人の関係は、昨年の政権交代を機に過去のものとなったと位置づけた。

 菅首相が新たなパートナーとして誇示したのは仙谷由人前国家戦略担当相、枝野幸男前行政刷新担当相。党代表選勝利後、国会内の党代表室に入った菅氏はまず2人を呼び入れ、「新トロイカ」を印象付けようとした。

 菅氏は4日夕、党本部で代表就任の記者会見に臨んだ。「内閣の一体性、党としての全員参加を可能にする人事を目標に進めたい。報復(人事)は考えていない」と強調した。

 しかし、仙谷、枝野両氏と、野田佳彦前副財務相は小沢氏の党運営に批判的だ。菅氏は会見で、小沢氏主導で廃止された政策調査会を復活させ、「政調会長が閣内の役職を兼ねることをもう一度検討してもいい」として国家戦略担当相などで入閣させる考えも示した。

 政調廃止には「党の政策が反映できない」との不満がくすぶっていた。非小沢系の要職登用や政調復活は、党や政権運営から小沢氏の影響力排除を図りたいとの狙いがあった。

 伏線がある。2日夜。仙谷、枝野氏が属する前原誠司前国土交通相のグループの会合で、前原氏は「小沢氏と手を握った上での出馬か確認したが、菅氏が『それは違う』と言った。それを信じたい」と説明。支援の条件として(1)小沢色の払しょく(2)党人事の刷新(3)日米協調の3点を提示。菅氏の側近議員によると、これを受け入れた菅氏が3日夜、東京都内のホテルで仙谷、枝野両氏と会談。この時点で「仙谷官房長官」「枝野幹事長」の構想が固まったとみられる。

 菅氏の「小沢色払しょく」は参院選対策だ。参院選で惨敗すれば、求心力は急速に低下し、9月の党代表選は乗り切れず暫定政権となる可能性が高まる。局面転換には「小沢氏からの脱皮」をアピールする必要があった。

 ◇小沢氏「参院選後、先頭に」

 「小沢路線」からの大転換を図ろうとしている、とみた小沢氏に近い議員らは反発。高嶋良充参院幹事長は記者団に対し、「枝野幹事長」情報に「露骨な論功行賞や身内だけを集めた人事をすれば由々しき事態だ」とけん制。小沢氏は「菅降ろし」ととれる言動を始めた。

 「次に同じような戦いがあったとき、もう一度団結すれば過半数を制することは決して不可能ではない」。小沢氏は4日夜、小沢氏支持のグループの会合で9月の党代表選に独自候補を擁立する考えを表明した。

 また、盛岡市での参院選総決起大会に寄せたビデオメッセージでは「参院選に勝利し、政権を安定させることで初めて本当の改革が実行できる。私はその時、先頭に立ってがんばっていきたい」と復権に意欲を示した。

 「本格政権」を目指す菅氏と「暫定政権」にとどめようとする小沢氏の駆け引きは激化の一途をたどる。

 抗争ぼっ発は、菅氏支持派にも波紋を広げた。親しい議員の一人は菅氏に「党内をまとめる上で枝野幹事長はまずい」と進言。これまで菅氏は「政治とカネ」問題でも小沢氏への直接的な批判を避け、小沢氏側に軸足をおいてきた経緯がある。「非小沢」へと急旋回すれば党内に混乱を起こし、禍根を残す--。そんな危惧(きぐ)もじわりと広がり始めた。【須藤孝】

【関連ニュース】
【写真で見る】最初は負け戦だった 菅直人の歩み
政治:菅首相誕生でB型肝炎訴訟解決に期待 道内関係者
菅首相:誕生 市民運動が原点 さきがけ入党転機、信念は「政治主導」
100人アンケ:衆院選で民主に投票、「参院選も民主に」は半数強/容易ではない新政権の船出
菅首相誕生:「明るく、責任感強い男」中学時代の同級生が語る/表彰状なくしたエピソードも

「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審―大阪高裁(時事通信)
<位置ゲー>コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
<鳩山首相>方向性打ち出せず 言葉濁す民主議員(毎日新聞)
米が声明「大統領は菅新首相と緊密に協調」(読売新聞)
<民主代表選>菅氏配布文要旨(毎日新聞)
スポンサーサイト

海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)

2010.06.01.10:50

 大阪府警生活経済課と八尾署は24日、電波法違反(無線局の運用)の疑いで、大阪府八尾市恩智中町、無職、藤井俊彦容疑者(32)を逮捕した。府警によると、自宅に無線設備を置いて海上保安庁などに数十回にわたり虚偽の通信を繰り返していたといい、今後は偽計業務妨害容疑でも立件する方針。

 調べに対し、藤井容疑者は「混乱する現場の様子を想像すると気分がスカッとした」などと供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月3日午前3時半ごろ、総務大臣の許可を受けずに海上保安庁が船舶に対して安全情報などを提供する周波数帯に電波を発射し、無線局を運用したとしている。

 府警によると、藤井容疑者は約3年前にアマチュア無線の免許を取得。昨年ごろから本州四国連絡高速道路(神戸市)の関係者になりすまし、「明石海峡大橋付近に流木が流れている」「明石海峡上の道路で塗装作業を行う」などと虚偽の通信を繰り返していた。

 通信を受けて海保がヘリコプターや巡視船を出動させる騒ぎになったこともあり、近畿総合通信局から情報提供を受けた府警が捜査を進めていた。

 また、八尾市や東大阪市の消防、関西の私鉄でも昨年10月ごろから虚偽の通信が相次いでいたといい、府警は関連を調べている。

【関連記事】
まんじゅうから縫い針見つかる 静岡
皇族に「危害」ネット上で予告 26歳無職男を逮捕
フリーダイヤルに無言電話2千回 無職男逮捕
教諭が生徒の父親に「差別はがき」 校内では生徒指導担当
「空港爆破」と予告電話 愛知、無職男を書類送検
虐待が子供に与える「傷」とは?

漫画家1421人、出版社10社“反対” 都の青少年健全育成条例案(産経新聞)
口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
住基カード発行、445万枚=普及率は3.5%―総務省まとめ(時事通信)
ナタリー・ポートマンが噂のバレエダンサーとキス!
<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)

<藤の花>滝のように…(毎日新聞)

2010.05.24.17:44

 福岡県豊前市上川底にある川岸の藤が断崖(だんがい)絶壁から滝が流れ落ちるように花を付け、行き交う人たちの目を楽しませている。

 地元の人たちによると、約20年前から自生し、今では高さ約30メートルほどに成長。隔年で花を付ける傾向にあるという。新緑に紫色のコントラストが目立ち、車を止めてはしばらく見入る人も少なくない。【陣内毅】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
<写真特集>チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
<写真特集>桜もまだ咲いています
<写真特集>氷入りカーネーションの置物(2009年)
<写真特集>カーネーション:銀座のビルに3000本展示(2009年)

忘れていた乙女心に火をつける、ヴァンパイアとの禁断の恋
<火災>長屋全焼 住人の69歳女性?死亡 さいたま(毎日新聞)
<裁判員裁判>制度開始1年 東海3県では計37件(毎日新聞)
<ライター>販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
H2Aが発射台へ移動 打ち上げ作業、最終段階(産経新聞)

ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」-徳島県警(時事通信)

2010.05.14.16:04

 中国産ワカメを使用したにもかかわらず、国産と偽って販売したとして、徳島県警生活環境課は9日、不正競争防止法違反の疑いで、同県鳴門市の海藻加工会社「マルナガ水産」の前社長伊藤五百里容疑者(70)=同市撫養町大桑島=を逮捕した。同課によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、2009年1月初旬~6月下旬ごろ、中国産ワカメを使用した「湯通し塩蔵わかめ」計約470トンを、「鳴門産」と虚偽表示し、大阪市内の食品卸会社に約7300万円で販売していた疑い。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕揺らぐ食品への信頼
JA全農子会社で食品偽装=うその生産者名など表示
タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判
三越、産地偽装タケノコを販売
三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売

5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」-社民の福島党首(時事通信)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
枝野氏「母国の子は支給対象外」(産経新聞)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
<覚せい剤>JAYWALKの中村被告に懲役2年 東京地裁(毎日新聞)

国会審議踏まえ判断=高速新料金見直しで-鳩山首相(時事通信)

2010.04.29.21:23

 鳩山由紀夫首相は22日夜、高速道路新料金制度について「国会の審議の中で見直すかどうか決めてもらう」と述べ、前原誠司国土交通相との同日の協議を踏まえ、現時点では見直さない考えを明らかにした。
 民主党の要望を受けて制度の見直しをいったん決めながら、一日で方針を撤回したことに関しては「必ずしも党と政府の考え方が一致していなかった」と釈明した。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)
エル・グレコ 「聖母戴冠」展示始まる 長崎で日本初(毎日新聞)
学力テスト「ゆとり」見直し…新聞で読解力(読売新聞)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
新政治団体「減税日本」設立=市議会解散へ布石-河村名古屋市長(時事通信)
プロフィール

ミスターのぶやつじもと

Author:ミスターのぶやつじもと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。